あなたはオナニーで無駄に罪悪感を感じますか

多くの大人は、別にオナニーは悪いことではない、自然なことではないかと考えていると思います。

ただ、中には子供の頃、親に怒られたりしたりした経験があり、オナニーをすることに罪悪感があるという人も少なくないのではないでしょうか?

男の子であれば、小さな頃に何となく不思議に思って性器を触っていたら、「また触ってる!ダメでしょ!」なんて母親に怒られた経験がある人も少なくないかもしれませんね。

ただ、ちょうど手が届くところにあるから触ってしまった、とりあえず落ち着くから触っていた、理由は何であれ、性器に関するそのような体験談は誰しもあるのではないかと思います。

もっと大きくなってから触っていれば、勃起をし、射精するという事実に自然に気付いてしまったかもしれないし、兄弟から教えてもらったっり、今のような情報が氾濫している時代であれば、あらかじめ情報があるので、射精に対しても驚く人が少なくないのかもしれません。

多くの大人はオナニーをしたからといって、特に罪悪感を感じることもないでしょう。

ただ、一度、子供の頃に罪悪感を覚えてしまっていると、そのまま、その気持ちが根付いてしまい、大人になってからも罪悪感を感じてしまう場合もあるようです。

また、昔の西欧では、オナニーのことを肯定的には捉えていなかったようですが、これは宗教的なこともあるかもしれませんが、他に精子は子孫を残す大切なものと考えられていたことに起因するとも言われています。

もちろん西洋だけの話ではないのかもしれません。

かつては子孫をできるだけたくさん残すということが重要だった時代です。
それなのに、その素となる精子を無駄にはしたくなかったのかもしれませんね。